ゆっくりと終活:カメラ機材を処分

コロナ禍が原因というわけでもないが、趣味や活動の形も変わってきたのでまじめに断捨離に取り組むことにした。

特別深刻な話ではなく、楽しみながら…

Alt Text

カメラ機材を処分

一時期カメラに凝って、フルサイズのFX機まで手を広げた時期があった。結局、重量級の機材を担いで撮影に出かけるのがだんだん億劫になり、高級機材を手入れしながらただ所有感に浸るというだけの虚しい日々になってしまった。

これでは意味がないと悟って、マイクロフォーサーズへの移行を決断して機材の軽量化を図った。計画を実行に移し、もう一度新たなカメラライフをと考えていた矢先にコロナ禍となり、出かけることのできない毎日にうんざり、そのうちカメラへの意欲も一気に萎えてしまった。

ブログに貼る写真や孫たちの成長記録などは、スマホで十分だと考えてカメラ機材をすべてオークションに出して処分した。投資した額の半分にもならないけれど、多少でも楽しんだ分は月謝、いずれゴミになるくらいなら価値観のあるうちに処分して孫の玩具代になれば十分だと考えた。

手軽なので愛用していたSONYのコンデジ RX100 だけは手元に残した。空き家同然になった防湿庫に忽然と鎮座している。防湿庫も処分したかったけれど大きすぎて宅配では扱えそうにないので諦めたけど、欲しいという人が現れたらあげようと思う。

Alt Text